ワンパンマン 2期 9話(21話)「最強の悩み」 感想

前回の振り返り

前回の話では、大会の格闘技選手を怪人化させるために怪人「ゴウケツ」が現れた。

「ゴウケツ」は、選手に強さを見せつけ、選手達何名かを怪人化させた。

しかし、怪人化した選手は、今大会チャンピオン「スイリュー」に倒される。

「スイリュー」はそのまま「ゴウケツ」に戦いを挑むが、赤子のようにひねり潰されていった。

さらに「ゴウケツ」の強さをみて、「バクザン」が怪人化し、強い存在となり「スイリュー」を痛めつける。

絶体絶命となった「スイリュー」は、ヒーローに助けを求めたその時、「サイタマ」が現れるのであった。

ワンパンマン 2期 9話(21話)「最強の悩み」 感想(ネタバレ注意)

サイタマVSバクザン

「サイタマ」が「スイリュー」の助けを求める声に駆け付け、怪人化した「バクザン」と対峙する。

圧倒的自身を持った「バクザン」だったが、「サイタマ」は誰だったかを思い出すように考えながら戦っていたが、いつものごとくワンパンで終わった。

サイタマVSゴウケツ

「サイタマ」は「スイリュー」から、ゴウケツの事について聞き、倒しにいった。

「ゴウケツ」はスイリューからすると、絶望的な強さで、「サイタマ」を引き留めようとするが、

「サイタマ」はそのまま戦いに行き、ワンパンで終わったのを見て「スイリュー」は唖然としていた。

最強の悩み

格闘技に出場してみた「サイタマ」であったが、得られるものはほとんどなく、

「キング」に最強であることの愚痴をこぼしていた。

「キング」にもっともらしい発言に「サイタマ」はイライラしただけだった。

コメント